ふとんが柔らかすぎると、背中とお尻が沈んだ姿勢になって背骨を圧迫します。これでは寝返りがうちにくく、血液やリンパの経絡が圧迫されて神経の働きが悪くなります。

逆に、硬すぎるふとんは、背中が痛くて寝心地が悪くなります。
このキャップロール「縁」(えにし)はふとんの理想的な硬さと構造を20年以上前から追求していました。
結果、独自の「波型三層構造」を採用することでこの問題を解決。
柔らかい層と硬い層を理想的に組み合わせることで、万人にあった抜群の寝心地と身体に良い構造を実現しました。

商品検索

キーワード検索

価格帯検索
円 ~